共役リノール酸(CLA)とガン予防に効果的

共役リノール酸(CLA)とガン予防

共役リノール酸CLA)には、
ガン予防の効果があり、ガンの発生や成長を抑えてくれます。

 

 

まず、ガンと腫瘍は同じように認識されていますが、
ガンと腫瘍は同じではありません。

 

 

腫瘍とは、細胞が異常に増殖することで、
その原因が取り除かれても、細胞の増殖が持続する状態の細胞のことです。

 

 

腫瘍には、良性腫瘍と悪性腫瘍があり、
悪性腫瘍のことを一般的には「ガン」といいます。

 

 

腫瘍は別名「新生物」とも呼ばれ、
ガンのことを「悪性新生物」と分類されます。

 

 

良性腫瘍は、増殖のスピードがゆっくりで、
切除すれば再発することはほとんどありません。

 

 

それに対して悪性腫瘍は、
異常に増殖し続け、周囲の組織や遠くの臓器にまで広がります。

 

 

良性と悪性の区別は、顕微鏡を用いた病理組織診断により行われます。

 

 

ガン細胞が約1cmの大きさに成長するまでには、
通常では5〜10年かかると考えられています。

 

 

また、ガンは発生する場所によって名称も異なります。

 

 

上皮細胞(粘膜や細胞の表皮部分)にできるものを「ガン」、
非上皮細胞(骨、軟骨、筋肉など)にできるものを「肉腫」、
造血器(血液、リンパ液、骨髄)にできるものを「白血病」、
「悪性リンパ腫」、「多発性骨髄腫」と呼びます。

 

 

一般的には、「ガン」と「肉腫」をまとめてガンといいいます。

 

 

そのガン予防に共役リノール酸(CLA)が有効であるといわれています。

 

 

逆に、共役リノール酸(CLA)の仲間であるリノール酸は、
ガンを促進させる物質といわれており、
ガンの発症のリスクが増加していくことがわかっています。

 

 

これに対し、α-リノレン酸やEPA、DHAなどの脂肪酸は、
ガンを抑制するよい脂肪酸といわれています。

 

 

実際の動物実験では、ガンになっているネズミのエサの中に、
共役リノール酸(CLA)を混ぜたら、ガンが抑えられました。

 

 

しかも、わずかの摂取量でも、
共役リノール酸(CLA)にはガン抑制効果があるとされています。

 

 

また悪性の黒色腫細胞や直腸がん細胞、
乳がん細胞の成長を抑える効果も確認されています。

 

 

ほかにも、前立腺がん、白血病、中皮腫、
卵巣腫瘍などの抑制効果もあるようです。

 

 

このように、共役リノール酸(CLA)には
ガンに対する効果が期待できるため、ガン予防に良いとされています。