共役リノール酸(CLA)の副作用と効果・効能

共役リノール酸(CLA)の副作用と効果・効能

共役リノール酸(CLA)

 

共役リノール酸(CLA)とは

共役リノール酸CLA)は、別名「トナリンCLA」、
または「異性化リノール酸」とも呼ばれています。

 

 

共役リノール酸(CLA)には、一般的に3つの働きがあるといわれています。

 

 

@脂肪分解
脂肪を分解する酵素を活性化し、脂肪を燃えやすくする働きがあります。
それは、脂肪を分解するホルモン感受性リパーゼを活性化するためです。

 

A脂肪燃焼
@で分解された脂肪を燃焼します。

 

B脂肪を貯めない
燃焼し切れなかった余分な脂肪を
脂肪細胞へ取り込む酵素の働きを阻害し、脂肪の蓄積を抑えます。

 

詳しくは、「共役リノール酸(CLA)とは」へ

 

 

共役リノール酸(CLA)の副作用

 

様々な効果・効能がある共役リノール酸(CLA)ですが、
副作用のような作用も報告されています。

 

 

(事例1)
共役リノール酸(CLA)を毎日3.4g、1年以上摂取していた事例では、
善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加していた。

 

そして、白血球数、血小板数が増加し、動脈硬化などのリスクが高まっていた。

 

 

(事例2)
動物実験で、共役リノール酸(CLA)を
体重1kgあたり1.3gを長期摂取した場合、体脂肪が大幅に減少し、
体に必要な脂肪まで減ってしまい、脂肪肝や糖尿病を発症のリスクが高まった。

 

詳しくは、「共役リノール酸(CLA)の副作用」へ

 

 

共役リノール酸(CLA)の効果・効能

共役リノール酸CLA)には、いろんな効果効能があります。

 

・脂肪燃焼作用
・筋肉増強作用
・インスリン感受性の向上作用
・ガン予防作用
・抗アレルギー作用
・抗酸化作用
・高血圧安定作用
・動脈硬化予防作用
・骨粗鬆症予防作用

 

詳しくは、「共役リノール酸(CLA)の効果・効能」へ