共役リノール酸(CLA)の効果・効能はスゴイ

共役リノール酸(CLA)の効果・効能

共役リノール酸CLA)には、いろんな効果効能があります。

 

 

◆脂肪燃焼作用
共役リノール酸(CLA)には、
体脂肪を分解・燃焼する効果・効能があります。

 

共役リノール酸(CLA)には、
脂肪を分解するホルモン感受性リパーゼを活性化し、
脂肪を燃えやすくする働きがあります。

 

そして、余分な脂肪を脂肪細胞へ
取り込む酵素の働きを阻害し、脂肪の蓄積を抑えます。

 

その他、褐色脂肪細胞を活性化させることから、
さらに脂肪をエネルギー変換し、体脂肪を燃焼してくれます。

 

 

◆筋肉増強
共役リノール酸(CLA)は、栄養分を筋肉細胞に送り込むため、
筋肉細胞の成長を促す効果・効能があります。

 

共役リノール酸(CLA)には
ホルモン感受性リパーゼの働きを活発化する働きがあります。

 

この、ホルモン感受性リパーゼの働きには、
筋肉を増加・増強させる効果もあるからです。

 

 

◆インスリン感受性の向上
インスリンは筋肉の発達には欠かせないホルモンです。

 

しかし、インスリンは、脂肪細胞への脂肪蓄積も促進してしまうのです。

 

インスリンの働きが良いと、最初に筋肉、次に肝臓、
最後に脂肪細胞となって、筋肉の発達に効果的です。

 

しかし、インスリンの働きが悪くなっていると、
脂肪細胞へ優先的に栄養が運ばれてしまい、
脂肪蓄積作用のほうが強くなってしまうのです。

 

共役リノール酸(CLA)には、インスリンの働きを高める作用があるため、
インスリンが脂肪細胞よりも筋肉に働くようになり、
余計な体脂肪を増やさず、筋肉を増やしてくれるのです。

 

 

◆ガン予防
共役リノール酸(CLA)は、健康によい不飽和脂肪酸のであるため、
ガン予防にも効果・効能もあります。

 

α-リノレン酸やEPA、DHAなどの不飽和脂肪酸も、
ガンを抑制するよい脂肪酸といわれていますが、
共役リノール酸(CLA)はその仲間です。

 

 

◆抗アレルギー作用
共役リノール酸(CLA)は、アレルギー反応を抑制したり、
アレルギー症状を引き起こす原因となる物質の生成を抑える効果もあります。

 

また、免疫機能の改善にも効果がきたいできます。

 

 

◆抗酸化作用
共役リノール酸(CLA)の抗酸化作用により活性酸素が減ることで、
過酸化脂質の発生を抑えることができ、
体の老化予防や生活習慣病の予防の効果・効能もあります。

 

 

◆高血圧対策
共役リノール酸(CLA)により、血中の脂質を減らし、
血圧を安定させることから高血圧を解消の効果・効能もあります。

 

 

◆動脈硬化予防
共役リノール酸(CLA)は、血中のコレステロールを減らし、
動脈硬化を防ぐ効果・効能もあります。

 

 

◆骨粗鬆症予防
共役リノール酸(>CLA)は、骨のカルシウム量やコラーゲンの合成量の増加し、
骨の合成力が強化されるため、骨粗鬆症の予防に効果があります。