共役リノール酸(CLA)の摂取方法は守ろう

共役リノール酸(CLA)の摂取方法

共役リノール酸CLA)の摂取方法をみてみましょう。

 

 

共役リノール酸(CLA)は食事やサプリメントから摂取できます。

 

 

◆食事からの共役リノール酸(CLA)の摂取方法

 

共役リノール酸(CLA)は食事からも摂取できる成分です。

 

一般の食品の中では
主に乳製品や肉類に多く含まれています。

 

共役リノール酸(CLA)は
体内でつくることがほとんどできないため、
外から取り入れる必要があります。

 

○食品中の共役リノール酸(CLA)含有量 (単位:mg/脂質1g)
・牛乳 (5.5mg)
・バター (4.7mg)
・練乳 (7.0mg)
・アイスクリーム (3.6mg)
・ヨーグルト (4.4mg)
・ナチュラルチーズ (3.6mg)
・プロセスチーズ (5.0mg)
・牛もも肉 (2.9mg)
・鶏肉 (0.9mg)
・羊肉 (5.6mg)
・卵黄 (0.6mg)
・ベーコン (2.5mg)
・ソーセージ (1.5mg)

 

 

◆サプリメントからの共役リノール酸(CLA)の摂取方法

 

共役リノール酸(CLA)は、
食事では摂取が難しいのでサプリメントでの摂取方法がオススメです。

 

共役リノール酸のサプリメントは、
ヒマワリ油などから加工された「脂肪酸タイプ」が主流でしたが、
温度が下がると沈殿物が生じたり、製品の安定性の面でも欠点がありました。

 

最近では、ベニバナ油由来の「トリグリセライドタイプ」が人気です。

 

このトリグリセライドタイプとは3つの脂肪酸とグリセリンが結合したもので、
食品から摂取する共役リノール酸と同程度の形態となります。

 

脂肪酸タイプとトリグリセライドタイプを比較すると、
トリグリセライドタイプの方が速く吸収される特徴があります。

 

脂肪酸タイプのCLAが効果を発揮するのは、3000mg以上、
トリグリセライドタイプで2,000mg程度が必要とされます。

 

ただし、どのサプリメントでも基本的な摂取方法は同じです。

 

基本的な共役リノール酸(CLA)の摂取方法は以下のとおりです。
・運動する日は、トレーニングの30分〜1時間前。
・運動しない日は食後。
・朝、昼、夜など3回に分けて摂取する。

 

共役リノール酸(CLA)は、体脂肪燃焼のためのサプリメントとして
売られているものが多いようです。 

 

そういう意味では、まとめて摂るよりも
1日3回に分けてる摂取方法にすることで、
常に体内にある状態にしておくことが効果的といえます。