共役リノール酸(CLA)の摂取量

共役リノール酸(CLA)の摂取量

共役リノール酸CLA)の1日の摂取量はどれくらいでしょうか?

 

 

共役リノール酸(CLA)はおもに乳製品や肉類などに多く含まれ、
牛肉、牛乳、バター、チーズなどから摂取することが出来ます。

 

 

しかし、これらの食品に含まれる共役リノール酸(CLA)の量は
ほんの僅かな量でしかなく、肉食が多い欧米人でも、
食事からでは一日の摂取量は200〜500mg程度です。

 

 

ましてや日本人の食事だと、一日に平均100〜200mg以下となります

 

 

この共役リノール酸(CLA)の摂取量では、効果は実感できません。

 

 

共役リノール酸(CLA)の摂取量の目安は、
1日あたり約2000〜3000mgといわれています。

 

 

最近、人気のベニバナ油由来の「トリグリセライドタイプ」の
共役リノール酸(CLA)摂取量は若干少なくても大丈夫です。

 

 

このトリグリセライドタイプとは、3つの脂肪酸とグリセリンが結合したもので、
食品から摂取する共役リノール酸と同程度の形態となります。

 

 

脂肪酸タイプとトリグリセライドタイプを比較すると、
トリグリセライドタイプの方が速く吸収される特徴があります。

 

 

脂肪酸タイプのCLAが効果を発揮するのは、3000mg以上、
トリグリセライドタイプで2,000mg程度が必要とされます。

 

 

1日あたり約2000〜3000mg(トリグリセライドタイプ2,000mg程度)の
共役リノール酸(CLA)の摂取量であれば効果を実感できます。

 

 

この摂取量を食事だけで十分に摂るのは、かなり難しいため、
共役リノール酸(CLA)サプリメントでの摂取をおススメします。

 

 

共役リノール酸(CLA)をサプリメントで摂取する場合は、
一度に大量に摂るのではなく、小分けに摂取するようにしましょう。

 

 

基本的な共役リノール酸(CLA)の摂取方法は以下のとおりです。
・運動する日は、トレーニングの30分〜1時間前。
・運動しない日は食後。
・朝、昼、夜など3回に分けて摂取する。
・食事と一緒に摂取したほうが効果的。
・キトサンなどの脂肪の吸収を抑える成分と併用しないこと。

 

 

ちなみに、共役リノール酸は油の一種ですから、摂りすぎに注意してください。