共役リノール酸(CLA)は筋肉増加に効果的

共役リノール酸(CLA)と筋肉増加

共役リノール酸(CLA)は、筋肉増加の効果があります。

 

 

その共役リノール酸(CLA)による筋肉増加の要素に、
インシュリンの感受性向上というのがあります。

 

 

またはインスリン感受性とは、
インスリンが肝臓や筋肉、脂肪細胞などで、
正常に作用するかどうかの度合いです。

 

 

インスリン感受性が高まると、
まず肝臓へブドウ糖を取り込んでから、次に運ばれるのが骨格筋で、
健康な人ならば全身で利用するブドウ糖の約70%を骨格筋が取り込みます。

 

 

つまり、インスリンによって糖が運ばれる最大の器官は
骨格筋で、いわゆる筋肉のことなのです。

 

 

通常、インスリン感受性を高める方法として有効なのが、
運動をすることで、中でも筋肉トレーニングが効果的です。

 

 

筋肉が増えれば、受け入れる受容体が増加するため、
筋肉トレーニングは、インスリンの感受性を高めることができます。

 

 

共役リノール酸(CLA)は、
摂取するだけでインスリンの感受性を高めることができるので、
さらなる筋肉の増加が期待できるのです。

 

 

また、共役リノール酸(CLA)は、
貯蔵された脂肪をエネルギーとして利用しやすくするため、
低血糖状態や運動中に筋肉が分解されることを抑える働きがあります。

 

 

ようするに、筋肉の減少や分解を防ぐ、
アンチカタボリック作用が期待できるということです。

 

 

以上により、共役リノール酸(CLA)は、
筋肉細胞に栄養分を送り込んで、筋肉の成長を促し、
さらには筋肉の減少を防ぐので、筋肉を増加する効果が極めて高いと言えます。

 

 

そのため、共役リノール酸(CLA)は、
筋肉増加させたい人に注目の成分で、
実際にボディビルダーなどの間では常識の成分なのです。

 

 

また、筋肉の増加は、
ダイエット後のリバウンドを防ぐためにも、非常に重要となってきます。

 

 

食事制限するダイエットでは、
必ずと言っていいほど、筋肉の分解や減少が起こります。

 

 

筋肉が分解されると、筋肉が減って基礎代謝量も落ちます。

 

 

すると、太りやすい体質になってしまいます。

 

 

そのため、筋肉増加の効果がある
共役リノール酸(CLA)の摂取は、リバウンド防止にも効果的というわけです。