共役リノール酸(CLA)は動脈硬化を改善

共役リノール酸(CLA)と動脈硬化

共役リノール酸CLA)は、動脈硬化の予防にも効果があります。

 

 

動脈硬化とは、血管壁にコレステロールやカルシウムなどがくっつき、
血管が狭くなったり、硬くなることをいいます。

 

 

動脈が硬くなると、血管の柔軟性が失われるため、
血液の循環が滞り、その結果、心臓に負担をかけてしまいます。

 

 

また、動脈硬化になると、血管の内側がもろくなったり
血管の中がせまくなって詰まったりします。

 

 

ちなみに、血管の内側が狭くなると、
酸素や栄養が運ばれにくくなり、臓器に栄養が届きません。

 

 

そうなると、臓器や組織が正しく機能しなくなります。

 

 

さらに血管が詰まってしまうと
臓器や組織に血液自体がが流れず、
その先の毛細血管が壊死してしまいます。

 

 

そして、動脈硬化が進行すると、心臓に負担がかかり、
高血圧、心肥大、心不全、狭心症、動脈瘤、心筋梗塞、脳梗塞、
下肢閉塞性動脈硬化症、クモ膜下出血などの原因になります。

 

 

一般的に、動脈硬化の改善には以下の方法があります。

 

@適正な運動
トレーニングや激しい運動などの無酸素運動は血管を固くするため、
血管を柔軟にする働きのある有酸素運動を行いましょう。

 

Aバランスの良い食事
血管を固くする原因として、塩分、糖分、アルコール、脂質などの過剰摂取があります。

 

B漢方薬の利用
動脈硬化になると、一般的に病院に行き、薬を処方されます。
この処方薬は症状を抑えてはくれますが、治してはくれません。
さらには、血管を柔軟にする効果はなく、長期の処方薬の服用は、
血管を硬くする原因にもなり、合併症の予防にもなりません。
これとは違い、漢方薬は血管自体を柔軟にしてくれる効果があり、
さらには、血液自体を質の良い血液にしてくれ、処方薬の副作用も抑えてくれます。

 

 

共役リノール酸(CLA)は、
動脈硬化の予防に有効だといわれています。

 

 

共役リノール酸(CLA)は、中性脂肪や血管壁に沈着した
悪玉コレステロール(LDL)だけを減らし、
善玉コレステロール(HDL)には影響を与えません。

 

 

ちなみに、病院で処方するコレステロールの薬は、
悪玉コレステロールだけでなく、善玉コレステロールまでも減らし、
結果的には肝機能を低下させてしまいます。

 

 

そう考えると、共役リノール酸(CLA)は、
病院の薬ではできないこともできる優れた成分ともいえるでしょう。

 

 

このように共役リノール酸(CLA)は、安全に動脈硬化を防ぐことができます。