共役リノール酸(CLA)は高血圧を改善

共役リノール酸(CLA)と高血圧

共役リノール酸CLA)は、高血圧の対策に役立ちます。

 

 

高血圧というのは、血管内の血管壁にかかる血液の圧力が高い状態のことです。

 

 

現在の高血圧の基準は、最高血圧が140mmHg以上、
最低血圧が90mmHg以上の場合は高血圧と診断されます。

 

 

高血圧には大きく分けると2種類あります。

 

 

高血圧には、原因がはっきりしている二次性高血圧と、
原因がよくわからない本態性高血圧とがあります。

 

 

二次性高血圧は、腎臓、心臓、血管、
内分泌系の異常などが原因であらわれる高血圧です。

 

 

これは、異常となる原因が解消すれば、治る高血圧です。

 

 

反対に、原因が不明の高血圧を、本態性高血圧といいます。

 

 

本態性高血圧は日本人に多く、
高血圧の全体の80?90%ほどにもなります。

 

 

これは、遺伝的要因が大きく関わっており、
生活習慣やストレス、運動不足などの後発的な要因も関係しています。

 

 

高血圧の状態がひどくなると、
動脈硬化になり、さらに重大な病気につながります。

 

 

@脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)
収縮期血圧(最高血圧)が10mmHg上昇すると、
脳卒中のリスクが男性で約20%、女性で約15%上昇します。
脳卒中は、運動障害や言語障害などの後遺症が必ず残ります。

 

A心疾患(心筋梗塞、狭心症など)
収縮期血圧(最高血圧)が10mmHg高くなると、
心筋梗塞や狭心症の危険度が約15%も上昇します。

 

B慢性腎臓病
慢性腎臓病が進行すると、夜間尿、
むくみ、貧血、倦怠感、息切れなどの症状が現れてきます。
さらに進行すると、腎不全となり透析治療が必要になります。

 

 

そもそも、高血圧になるには、コレステロールやカルシウム不足、塩分過多、
ホルモン異常等からくる場合が多いといわれています。

 

 

ちなみに日本人の高血圧は、ほぼ原因のはっきりしない本態性高血圧で、
遺伝や不摂生、運動不足による肥満、ストレスなどが、
深く関連していると考えられているようです。

 

 

また、中でも肥満の人は高血圧を発症しやすく、
肥満でない人に比べて2〜3倍も高いことがわかっています。

 

 

共役リノール酸(CLA)は、脂肪の燃焼を促進する働きがあるので、
肥満の予防をサポートすることができます。

 

 

肥満による高血圧を予防するためには、
うまく共役リノール酸を取り入れましょう。