共役リノール酸 (CLA)とは

共役リノール酸(CLA)とは

共役リノール酸CLA)は、別名「トナリンCLA」「異性化リノール酸」とも呼ばれています。

 

 

共役リノール酸(CLA)には、一般的に3つの働きがあるといわれています。

 

 

@脂肪分解
脂肪を分解する酵素を活性化し、脂肪を燃えやすくする働きがあります。
それは、脂肪を分解するホルモン感受性リパーゼを活性化するためです。

 

A脂肪燃焼
@で分解された脂肪を燃焼します。

 

B脂肪を貯めない
燃焼し切れなかった余分な脂肪を
脂肪細胞へ取り込む酵素の働きを阻害し、脂肪の蓄積を抑えます。

 

 

共役リノール酸(CLA)は、不飽和脂肪酸の一種です。

 

 

そもそも、不飽和脂肪酸とはなにか?

 

 

炭水化物、たんぱく質と並ぶ
三大栄養素の脂肪を構成しているのが脂肪酸です。

 

 

脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。

 

 

植物や魚の脂が不飽和脂肪酸といい、動物性の脂が飽和脂肪酸といいます。

 

 

不飽和脂肪酸は血中のコレステロールや
中性脂肪を減らし、血流を改善し血圧を下げるなども効果があります。

 

 

一方、飽和脂肪酸は、血中コレステロールや
中性脂肪を増やし、動脈硬化の原因になるといわれています。

 

 

共役リノール酸(CLA)はというと、不飽和脂肪酸の一種です。

 

 

この不飽和脂肪酸は、心臓や循環器などに栄養を与える働きがあります。

 

 

そのほか、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

 

 

脂肪は一般に、太る原因と思われているため、嫌われる存在です。

 

 

しかし、これは正確ではありません。

 

 

大きく分けると、脂肪には太る脂肪と、痩せる脂肪があります。

 

 

共役リノール酸(CLA)は、痩せる脂肪といわれています。

 

 

また、同じ不飽和脂肪酸の仲間で、
DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの
オメガ3脂肪酸も痩せやすくなる脂肪の一種なのです。

 

 

そして、共役リノール酸(CLA)の働きは、体脂肪の減少だけでなく、
抗ガン作用、抗酸化作用やアンチエイジングにも効果・効能があります。

 

 

そのため、現代人に必要な成分のひとつとされています。